雑記

アクセスカウンタ

zoom RSS ロジャーフェデラーを本音で語る〜ウィンブルドン3回優勝のボリスベッカー〜、の話

<<   作成日時 : 2013/02/12 00:52   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 8

いえね

>ロジャーフェデラーを語る ウィンブルドン3回優勝のボリスベッカー

というブログがウェブリブログの中にあったので
たまたまね
書いてみたくなったというか

ごめんなオリジナルの
「楽=Playの心」というブログをやっているホシノロベルトという人
っつってもまあどっちが本物かと言えば
当然あっちが本物でこっちはニセモノなので
本物が読みたい人はあっちを読んでくれ
ホシノロベルトという人が外国の記事をきちんと引用してくれている

どうせなら比較して読んでくれると面白いとは思うが
お前らっていいよな
楽しい話が無料で読めて
俺なんか無料で書いてるだけだから大損だよ

【ロジャーフェデラーを本音で語る〜ウィンブルドン3回優勝のボリスベッカー】

1.サーブ

フェデラーのサーブは美しさに欠けます
ポーンと投げ上げて パーンと打っているだけ

それではいけません サーブに必要なのは魂です
日本風に言えば「一球入魂」とでも言いましょうか

私(ベッカー)は現役時代
一球一球に魂を込めて全力いいえ全力以上でサーブを放っていました
全力に魂を加える事で全力以上になるのです いいえするのです
だからこそ私のサーブは ブンブンサーブ と呼ばれ世界中の人に愛されました

今 フェデラーのサーブに何か愛称が付いていますか?
答えはノーです それはなぜか?
ポーンと投げ上げて パーンと打っているだけだからです
大衆はとても敏感です
私も現役時代
ビランデルの米粒拾い集めるようなプレーがあまりにもウザくて
なんかもうさっさと帰りたくなって
ポーンと投げてパーンと打った事がありますが
皿が飛んできました 観客席から

観客席からですよ?
今のテニスで観客席から皿が飛んでくるって 考えられますか?

昔のテニスはとても熱かった
悪いプレーをすれば皿どころかバールのようなものまで飛んできましたが
良いプレーをすればなんか こうなんて言うか

とにかく熱かったなあ観客も

2.フォアハンドストローク

技術的に言えばフェデラーのフォアは
まあ出血大サービスの年に一度の甘甘設定のスペシャルハリケーン襲来で
67点ぐらいでしょうかただし70点満点でね

ウソですよ
100点満点で67点ですフェデラーのフォアは

彼はいわゆる薄いグリップというやつで握っていますが
あれは 滑るんですよね肝心な時に
日頃は大丈夫なんですが
肝心な時に 激しく滑るんですよ何故か
意外と汗かもしれませんね原因は

だからもっと
そうあのクリックスティンみたいに
どこのダメコーチに教わったんだお前は? みたいな感じで厚く握らなきゃ

話はそれますがクリックスティンのグリップ
あれ本当にマジで誰に教わったんでしょうか 軟式テニスのコーチですかね
おかしいでしょあのグリップの厚さと足の短さは

ちなみに今の現役選手で
一番のフォアの名手はマイケルでしょうね
マイケルのフォアは見ていてうっとりするほど完成度が高いです
僕の現役時代にあのフォアがあればウインブルドン10連覇ぐらいできたかな?(笑)
で二番目はおそらくジョン 三番目はケニーかな

3.バックハンド

多くは語りません 1つだけ
もし私が現役選手でフェデラーと対戦したら
全ての球をバックに集中します

それぐらいもう
……はっきり書いて良いのかな?
下手です! フェデラーはバックが下手!

バックというものが根本から分かっていません彼は
バックというのはフォアとは正反対
つまりフォア=正とするならバック=逆なのです

逆方向で打つのですから
ちょっと失敗したからってそれは仕方ありません
私(ベッカー)も現役時代は随分バックで失敗しました
私のコアなファンが私の選手時代のプレイデータを
1ショットも漏らさずに集計してくれたのですが

彼のデータによると私は現役時代に約100万回のバックを打っていて
その内成功がおよそ80万回 失敗がおよそ10万回
そのどちらでも無いのがだいたい10万回だそうです

私は世界の頂点まで上り詰めた超一流のプレーヤーでした
その私でさえバックを100万回打てば失敗10万回 どちらとも言えないのが10万回という有様です

それがバックというものです
フェデラーはまずそこから考え改めねばなりません

大先輩からのアドバイスをさせてもらえるなら
彼は左利きに転向したらどうかな?
もうお気づきでしょうが 左に転向すればバックが即ちフォアと化します
相手もひどく驚くでしょうからね最初だけは

じゃあ今度は右がバックになるじゃないかと言う方もいらっしゃるでしょうか
皆さん アームストロング船長の言葉を忘れていませんか?
「地球は丸かった」

4.ボレー

意外にもフェデラーは ボレーだけはなかなかの名手と言えます
順位を付ければランキング上位100人の内の そうだなあ

彼のボレーはいわゆる我々業界人の間で「ソフト」と呼ばれる打ち方です
ハードボレーとソフトボレー
昔からそれぞれに名手が存在します

・ハードボレーの名手
マッケンロー コナーズ ボルグ レンドル
ルコント ローズウォール ロッドレーバー ビルチルデン
イリナスターゼ ニューカム ビレルモ・ギラス
クリックスティン エドバーグ 私(ベッカー) ビランデル

・ソフトボレーの名手
ジョンソン ケニー ジョニー ジミー ジム マイケル
ミッキー ドナルド トム ジェリー ケンタッキー フェデラー

どちらが良い/悪いとは言えません
しかしおおむね
ハードボレーの名手は私も含めて一時代を築いた選手が名を連ね
ソフトボレーの名手はなんだかよく分からない選手ばかりです

因果関係は未だよく分かっておりません
テニス界最大の謎とも言われています

ですので私は
ぜひフェデラーにそのジンクスを破ってもらいたいのです
いやそろそろ誰かが破るべきなんだよこの閉塞感を
頑張れよ!フェデラー

5.守備とスピード
ではフェデラーの守備について語ってあげましょう

その前にスピードについて
いや やっぱり守備についてですが

フェデラーはスピードだけはまあまあ あるんじゃないっすか?
逆に守備は まあまあ あるんじゃないっすか?

要するに守備というのは守れさえすれば良いのですから
スピードが有ろうが無かろうが関係ありません
守れさえすれば良いのです
もちろんスピードがあった方が結果守備が上手くなるという考えも欧米では

話は飛びますがメシールという守備のうまい面白い選手がいました
彼の特筆すべき点は守備以上に なんか 面白いんです
だって メシール が正式名称かと思ったら
別の雑誌なんかだとなんか メチージュ ってなってて
なんかね
なんなんだろあいつ

6.メンタルの強さ
残念ながらフェデラーほどメンタルが弱い選手を私は見た事がありません
彼は世間に向かって公言しています

「どんなに不利な展開でも マッチポイントを握られても 常に勝つ事を考えている」

実はこれこそ 一瞬はメンタル強っぽく思うのですが
彼のメンタルの弱さをとてもよく表しています

負けている自分 負けている現実を受け入れられないのですねフェデラーは
現実から目を背けて「常に勝つ事を考えている」
勝つ事を考えていないと へなぁ〜 ってなっちゃうんですね彼は

87年ウインブルドン
私(ベッカー)は3連覇のかかった圧倒的優勝候補でした
世界中の人が私の優勝を疑いませんでした
私も疑いませんでしたし 私が三度目のカップを掲げる姿を
世界中が待っていました

それを ピータードーハンとかいう間抜けヤローが台無しに
お前が勝ってどこの誰が喜ぶんだ状態のドーハンのバカ助ひょっとこ野郎が

今だから言うけど私は あの試合 腹が痛い上に膝も痛かったんですね
ベストじゃなかったです はっきり言ってベストの15%ぐらいだったかなあ
なんか むらむらしてプレーに集中できなかったし
たぶん審判もドーハンに買収されてただろうなあ あれは
あと試合前に知らない白人がスタミナジュースだよみたいなの持ってきて
なんか試合中ずっとだるかったしなあ
ドーハンのやつはたぶん興奮剤をしこたま吸っててね
だって 目が完全にいっちゃってたもの 今から考えてもおかしいよあの試合だけは
事情通に聞いた話だと 俺=西ドイツに英雄を作ってはいけない
つまりなんか 東ドイツが一枚噛んでるらしいんだけどね あの試合に

えーとどこまで話しましたっけ
フェデラーのメンタルですか
でもなんか どーでもいいカスみたいな話だよねフェデラーのメンタルなんか
俺がウインブルドン87に負けたって大事件に比べれば さ

謎が多すぎるんだよなあの試合
試合中ずっと妙な音波みたいなが聞こえてきて試合どころじゃなかったし
目に450回ぐらいレーザー光みたいなの当てられたしね

7.将来
さて最後はフェデラーの将来について

トッププレイヤーにもいつか第一線を退く日がやってきます
体力の衰え 精神力の衰え
そして第二の人生は様々です
マッケンローの様に なんか解説者っぽい仕事をやる人
レンドルの様に コーチを始める人
ボルグの様に 引退・復帰・引退・復帰をループする大仁田みたいな人
様々です

さてではフェデラーは将来
果たしてどういう第二の人生を
あーーーーークソッ!
なんだろあのピータードーハンとかいうクズヤローは
試合中ずっと身体だるかったしなあ
薬飲まされてたよなあ絶対に 俺 ドーハン一味に

市ねよドーハン
っつーかドーハンの嫁ってクソブスだし

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
やすひろだけど、テニスの話はもう飽きたんでそろそろ化学の話に戻してください。
やすひろ
2013/02/18 03:48
久しぶりにコメントついとると思ったら
化学の話?
そんな話したかないやしてないたぶん
してない話のリクエストされてる俺ってどうよ
おれ
2013/02/19 00:55
大川隆法
2013/08/18 02:00
久しぶりにコメントついとる
のに点だけて
何がしたいんだ大川隆法
幸福の科学のやつだろ知ってるぞ

だから全員落ちるんだよお前の組織は
おれ
2013/08/20 00:46
お前は糞だ
ナダル
2015/11/25 00:03
コメントつくねーたまには
しかし貶されとる
貶されるのあまり好きでないんだが
ナダル?をなんか悪く書いたかね
フェデラーだと思ったが?
>フェデラーのサーブは美しさに欠けます
フェデラーじゃねーかやっぱり
おれ
2015/11/28 20:21
いや、フェデラーは素晴らしいよ‼
ベッカー
2015/12/17 08:40
コメントついとる久しぶりに
ついとるにはついとるんだが
ついとるが ったらついとるが
イマイチ好意的じゃないんだよなあみなさん
>素晴らしいよ! ベッカー
マジベッカーだったらいいんだが
たぶん単なるニセベッカーだしな
おれ
2015/12/18 01:29

コメントする help

ニックネーム
本 文
ロジャーフェデラーを本音で語る〜ウィンブルドン3回優勝のボリスベッカー〜、の話 雑記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる